カテゴリー
未分類

肌悩みを解決する正しい洗顔法と洗顔ネットのお手入れ法

洗顔は誰もがする習慣ですが、間違った洗顔方法は肌トラブルにつながります。洗顔で刺激を与え過ぎた結果、肌が乾燥し、その乾燥を防ごうとするあまり皮脂の分泌が盛んになり、テカリ顔になってしまうこともあります。

ニキビや老化にもつながるので、刺激の強い洗顔は避けたいところです。ここで言う刺激の強い洗顔とは、冷水で洗う、洗顔料を泡立てずに使う、ゴシゴシこする、洗顔に長い時間をかける、タオルで拭く際もゴシゴシする。1つでも当てはまっていたら改善必須です。

正しい洗顔のコツは、肌に刺激を与えないことです。やさしく洗う方法について、順に説明していきます。まずは、手を洗います。手が汚れていると洗顔料の泡立ちが悪くなるほか、雑菌が顔についてしまうからです。

次に、予洗いです。ぬるま湯で顔を洗って、肌表面についた汚れや皮脂を落としておきます。これでようやく、洗顔料を使っていきます。手の平の上でよく泡立ててください。顔と手の間に泡のクッションを挟んで洗うことで、肌への刺激を抑えながらスッキリ洗うことができます。泡立てネットを使うと便利です。

泡を顔に乗せる順番は、皮脂が多いおでこや鼻筋からです。おでこに泡を乗せて広げ、小鼻は指先を使って洗います。皮脂の少ない頬に泡を広げて行き、最後に目の周りや口元へ。皮膚が薄い目元や口元は、泡を乗せる程度でかまいません。

全体を通して、力を入れないことが重要です。泡を転がすようなイメージで、力を抜いて洗ってください。
すすぎは念入りに行いましょう。ぬるま湯で泡が残らないように流しますが、特に髪の生え際は泡が残りやすいので注意してください。タオルで拭くときも、やさしくポンポンと抑えるようにして水分をふき取ってください。

さて、「顔は泡で洗う」が常識となったことで、理想の泡を作るために泡立てネットを使っている方は多いことでしょう。でも気をつけないと、泡立てネットに雑菌が繁殖し、雑菌だらけのネットで作った泡で顔を洗うことになりかねません。

ネットを使うのは浴室ですが、浴室の中は湿気が多く、カビも生えやすいので、ネットを清潔に保つには不向きです。できれば別の場所で保管した方が良いですが、すぐに使える場所に置いておきたいですよね。

だから、使ったネットは、タオルで拭いて水気を切り、吊るしておくと風通しがよくなるので、乾きやすいです。そして、時々天日干しして、しっかり乾燥させることで雑菌を退治できます。

そして、泡立てネットは定期的に交換しましょう。交換の目安は、半年に1度と言われています。半年以内であっても、泡立ちの悪さを感じたら交換の知らせです。せっかくよい洗顔料を使ってきれいな泡が立てられていても、ネットの雑菌が肌を傷つけてしまっては本末転倒です。お顔のお手入れだけでなく、泡立てネットのお手入れも忘れずに。

正しい洗顔で、トラブルのない清潔な肌を目指しましょう。
スキンケア効果ありの顔用制汗料はこちら